エチケットとしてのむだ毛処理

むだ毛によって与える不快感

夏になるとむだ毛の処理が気になるという人は少なくありません。むだ毛を処理することは、単に美容のためという理由だけでなく、エチケットとしてのむだ毛処理という側面もあります。これは女性に限ったことではありません。男性でも最低限の処理はマナーといえます。
なぜかというと、全く処理されていないむだ毛は人に不快感を与えることもあるためです。特にサービス業に携わる人は、きちんと脱毛処理をしておく必要性が高いといえます。
もともと毛が薄い人はいいですが、毛が濃い場合は指や腕に生えている毛もかなり目立ちます。人はコミュニケーションのとき顔と同じくらい手先も見ています。そのときにふさふさと毛がそよいでいるとずぼらな印象や不潔な印象が強くなってしまいます。

むだ毛処理はどの程度すべきか

むだ毛がずぼらさや不潔な印象を与えるとしても、処理の必要性には個人差や仕事の内容により差があります。考えるときのポイントは、接することの多い相手を考えることです。お客様と接することが多いならば、最も丁寧に脱毛処理をすべきでしょう。お客様は一期一会の存在であり、たった一度の印象で会社の商品やサービスへの印象が左右されます。そのため、少しでも不愉快な印象を与えるおそれがあるならばきちんと処理しておく必要性が高いといえます。取引先の人と会うことが多い場合も同様です。
社内の人が中心の場合は、目立つ部分を最低限処理しておけば問題ないでしょう。少しむだ毛があっても、よく接する相手ならば見逃してくれます。いずれにせよ、早い段階でしっかり脱毛しておくと何かと楽なのでおすすめです。